FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in その言葉が聴きたくて《完》

その言葉が聴きたくて(4)

-0 COMMENT
 


「・・・悪かった」
 



俯いたままの香の頬はきっと濡れているだろう。
その原因を作ったのはもちろん紛れもなく俺。



(・・・もう少し我慢できると思ったんだがな・・・)



小さく息を吐くと、もう一度謝罪の言葉を紡ぐ。


「・・・言い過ぎた」




「・・・もういい。分かったから腕、離して」



香としては、早くこの状況から抜け出したかった。
似合っていないと言われたことも、そんなことにいちいち反応して泣いていることも、どちらも情けなかったし、そんな自分を見られたくなかった。
どうせまたからかわれるに決まってる。


しかし、返ってきたのは意外にも真摯な声だった。









「それ、はずすっつーなら腕、離してやるぜ」








真摯な声で吐かれた言葉はしかし、香の予想外のものだった。


「・・・は?」



「だから、それ。はずすんなら腕」
「あんたっ・・・!」

俺と香の声が重なる。
弾かれたように香が顔を上げた。


「さっきは謝ったくせに、今度ははずせ!?いったい何なのっ!?」
香の目は潤んでいる。







「俺は、他の男からもらったモンをつけさせるほど、寛大じゃないんでね」



俺にしては珍しくストレートな言い方。
しかし香には通じなかったようで、不意をつかれたような表情をしている。
まぁ、超天然鈍感娘だもんな。


「・・・? 何それ。どういう・・・」

「だから」

また香の声と重なる。


「おまえが、それをつけてんのが、気に入らないの、俺」


香に言い聞かせるようにゆっくり言う。



「・・・・・・チャラチャラしてるから?」

「ちがう」

「・・・に、似合わないから?」

「いんや」

「・・・じゃあ、何で・・・?」

「・・・ホントにわからない?」




「・・・わかるわけないでしょ。あんたの考えることなんか」


少しムッとしながら香は言う。

そうだよな、と俺は苦笑する。



「俺は、人一倍独占欲が強ぇの。だから、自分の好きな女が他の男と話してるのも、一緒にいるのもイヤなわけ。

ましてや、男からもらったっつーモンを大事そうに身につけてるなんざ問題外。腹が立ってしょうがねぇの」
















「・・・ぇ・・・」






わかった?と目で訴えると、香はこくんとうなづいた。


(・・・コイツ、わかってねぇんじゃねぇ?)


すると、みるみるうちに香の顔が赤くなった。

どうやらちゃんと理解したらしい。



「・・・・・・は、はずすから、わかったから、う、腕・・・離して」


蚊の鳴くような声で香は言った。
急におとなしくなった香に頬がゆるむ。ホント、コイツこういうの苦手だよなぁ。


・・・つーか、その表情、ツボなんですけど。





そっと手を離すと、わずかに痕がついてしまっていた。強く握りすぎたらしい。

「・・・わりぃ。赤くなっちまったな」

香の白く細い手首に唇を寄せる。

「!! なっ、何してっ・・・!!」

あわてて手を引っ込める香の顔は、これまで見たことないほどに赤くて。
また頬がゆるむ。


「・・・何って。・・・あ。それ、はずすからな」
動くなよ。
そう言って俺は正面から香の首に手を回す。


「ちょっ、ま、待ってっ!自分でするからっ・・・!」
真っ赤になって抵抗する香を無視し、俺は手を動かす。


「いいから黙ってろって」



耳元で言うと、香はおとなしくなった。
目をぎゅっと瞑り、わずかに震えている。
・・・可愛いすぎる。



「・・・おまえさ、これからもっとすごいコトしたいんだけど。俺」



そう言うと、はずしたネックレスを香に手渡す。


「す、すごいことって・・・・・・?」
上目遣いで聞いてくる香にまた苦笑する。
これを無意識でやっているからこの女は手に負えない。



「まぁ。まずは、おまえの返事を聞いてからにするさ」








「         」





耳元でそう囁けば、目の前の女は涙をいっぱいにため俺に抱きついた。













《おまけ》


「す、すごいことってこれ!?」

「そ♪」

「こ、これのどこがすごいのよっ!」

「ぼくちん、夢だったんだよね~!好きな子とこういう店にくること♪」

(好きな子って・・・、そりゃうれしいけどっ!でも、それとこれとは話が別っ!)

「家に帰ったらコレ、使ってみよーねー♪」

(・・・!!!)











長らくお待たせをしてしまい、すみませんでした。

よ、ようやく終わったーー!
最後は無理矢理感が否めませんね。

スポンサーサイト
0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。