FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 今夜は眠れない《完》

キミへの想いで眠れない

-0 COMMENT
パラレルです。
「今夜は眠れない」の続きです。




















それは、意を決して押したボタン。







キミへのいで眠れない





「 槇 村   香 」






何百件とあるメモリの中からたった一件を探し出す。
文字だけで心臓が高鳴るから不思議だ。

何度か目のコールのあと、少し慌てた槇村が出た。


「お。お疲れさん」

『おっお疲れさまですっ』

「今、家?」

『はい』

「今日さ、佐藤さんに頼まれた書類届けようと会社に戻ったのな」

『えっ、今日は、』

「そうなんだよ。それ、すっかり忘れてて」

今日は電気系統の故障が相次ぎ、ビル自体にメンテナンスが入ることになったため、急遽15時で退勤になったのだ。それを忘れていた俺は、わざわざ出張先から会社へ戻ったってわけ。

「で、だ。急ぎの書類だから明日には佐藤さんに届けなきゃいけねぇの。でも俺、明日っから京都に出張だろ?」

『あ。そうですね』

「だから、今、お前んち向かってるから」

『はっ!?』

「書類、明日佐藤さんに渡してくれ」

『あたしがですか!?』

「あぁ、佐藤さんには連絡したから。あと10分くらいで着くぞ」








携帯を閉じて助手席に投げる。
電話越しに聞こえる声に、思わず頬がゆるんだ。
少し強引だったかな、と思ったものの、あの槇村の声を聞けるならもっと強引にすればよかったと変態じみた考えをする。
1日会っていないだけで、もう何日も会っていないように感じるから不思議だ。


槇村の家・・・確かこの辺だったような・・・。


すると、槇村らしき姿が目に入った。
ハザードランプをつけて近寄る。
助手席の窓を開けながら書類を槇村へ差し出した。

「おう。これな」
「はい、お疲れ様です。このままお渡ししていいんですよね?」
「あぁ。あ、中、見るなよ?」
「み、見ませんよっ!」
「冗談だって」
「・・・」
「・・・」




「なぁ。今日・・・。家、いいのか?」

「え」

「い、え、」
いまいち意味が伝わっていない槇村に、俺はもう一度、ゆっくり繰り返した。

「?・・・いえ?・・・・・・・・家!?」

「家。」
お。やっと分かったか。
すると、これでもかってくらい顔を真っ赤にし、これでもかってくらい拒否しやがった。

「~~~!!むむむむむりですっ!だめですっ!!」

「・・・そんなに必死にならなくてもいいじゃねぇか。じゃ、また次にするか」

「次っ!?」

「じゃぁな。それ、頼んだぞ」












バックミラーで槇村を確認する。
槇村は、ずっとこっちを見ているようで、しばらく動かなかった。


ちょっと急すぎたかな?


帰りの車で思いを巡らす。
でも、こっちとしては我慢の限界にきてんだ。急なもんか。
入社当時から目をつけている俺としては、そろそろ先へ進みたいところ。
しかし如何せん、『上司と部下』という立場が想像以上に大きな隔たりになっているのだ。
こっちが動けばそれはすべて『上司』として受け取られ、『男』に見られたことがない。
いつ変な虫がつくかと、こっちは気が気じゃないのに。
今日だって、あんなに必死に拒否するくらいだから家に男がいるんじゃないかとか、たまに早く帰る日は男と会っているんじゃないかとか。考えればキリがない。

だってそうだろう?

スタイルがモデル並みに良く、顔のつくりもきれいで色白の美肌。飾らなくて気取らなくて、いつも笑顔で仕事もできる。スカートからのぞく長い足に、ふっくらと膨らんだ胸元。ふわふわのショートカット。薄ピンクの唇。細い指・・・、いかんいかん。思考がずれてしまったが、とにかく。あんなにきれいでかわいい女を、世間の男が放っておくはずがない。これ、俺の結論。

早く自分のモノにしてしまいたい。これ、俺の本音。




「はぁ~・・・」




ハンドルに体をもたれかけ、ため息をつく。
さっきの格好、なんだよあれ。
パーカーにジーンズ。全っ然色気なんてないのに、自分の知らない槇村を見た感じがして急に不安になった。


もっともっと、彼女を知りたいと思う。







「好きすぎる・・・」




らしくもない言葉に、思わず赤面した。




















カオリンって、どこへ行っても愛されるキャラだと思うんです。

上司に狙われる部下。萌えますね。
リョウちんは狙ったものは確実に仕留めますね、絶対。





















スポンサーサイト
0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。