それでも

完全自己満足のCH二次創作ブログです。 想いのままに書き散らかしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1周年記念に

こんばんは。
おかげ様で1周年を迎えることができました。
なかなか更新できませんが、細々でも続けていくつもりです。
これからもどうぞよろしく(´▽`*)










「ねぇ」


「あー?」


それは、ある日のできごと。




記 





「今日が何の日か、わかる?」

ソファでだらしない顔をしていた男が一瞬止まる。はて。今日はなんかの日だっけ?

「・・・やっぱりわかんないんだ」

そう言った女の表情はこの男が一番弱いもの。愛読書を閉じ、体を起こしながら考える。
「・・・初めてエッチした日?」
すかさずハンマーが飛んでくる。あら、やっぱし違かった?

「なんでアンタはそういうことばっかりっ!」
「じゃ初めてチューした日?」
「違う!」
「初めて一緒にお風呂に入った日?」
「ち・が・う!!」
「ん~、じゃ初めてカオリンがボクちゃんの上に」
「だーーー!違うってば!!いい加減そこから離れなさいよっ」

えー、んじゃ何なんだよーという男の視線を感じて、女はため息をつく。

「もういいわよ。今日は、」




耳元で囁かれた言葉に、男は不覚にも真っ赤になったとかならないとか。

















何て言ったんだ、カオリン。
1周年、ありがとうございます!!


スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。