FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in CH TEXT《短編》

だからあたしは目を閉じる

-0 COMMENT








例えば、今と違う「今」があったなら。








だからあたしは目をじる





どうも最近、感傷的だなと思う。
洗濯機の音を聞きながらとか、スーパーで野菜を手にしたときとか、推理ドラマのオープニングが流れた瞬間とか、とにかくふとした瞬間にそれはやってくる。
そしてそれは多くの場合、あたしを暗い思考の渦に落としていく。






「今日も依頼なかった」
いつものように晩ご飯を食べている途中、あたしはため息まじりにこぼす。
「いつものことだろぉが」
箸を止めず、口に物を含んだまま言うリョウには、これっぽちも気にしている様子がない。

「もっこりちゃんの依頼、来ねぇかなぁ~」
ぐふふ、と下品に笑う顔には一切締まりがない。
「そんなに都合よく行かないわよ」
でも。切迫している状況に選り好みしている余裕なんて皆無で。
「・・・この際、依頼なら何でもいいかもね・・」
と、こぼしたのは金銭的な事情からだ。もっこり美女なんてっと言い返す元気がないなんてことでは断じてない。
「・・・珍しいね、香チャン」

そうなのよ。珍しいのよ。
今ちょっと感傷的だから、飲みに行くならチャンスだよ。なんて絶対言わないけど。











『愛する者』



それって誰のことだったかな。



言われてすぐの頃はすごくうれしかった。これ以上何もいらない。その言葉だけで生きていけると思った。でも人間ってだめね。欲が出てきてしまって言葉だけじゃ満たされなくなるのね。あんなにうれしかった気持ちがどこか冷めてきて、あの言葉はあたしへじゃなかったんだって思ってきたの。誰でも良かったんじゃないかって。
信じたいけど、信じるのが怖い。ここで手を掴めなかったら、たぶん、立ち直れない。
だったら最初から期待しない方がいい。その方が傷は浅くてすむ。




あの言葉も。
あの温もりも。
あの笑顔も。
あの声も。
あの優しさも。
あの夜も。
あの朝も。

全部。




こんな思いをするくらいなら、と考えるのはとても簡単なことだ。
こんな思いをするのと、こんな思いを知らずにいるのと、どっちが苦しいのかな。そんな答えのない渦がぐるぐるぐるぐる、ここ何日か。












「香」



そんな顔で、そんな声で呼ばないで。お願いだから。

信じてしまいそうになる。
全てを預けてしまいそうになる。



そっと身体を委ねながら目を閉じた。




明日を見なくてすむように。










結局何が言いたいんだって話。

スポンサーサイト
0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。