それでも

完全自己満足のCH二次創作ブログです。 想いのままに書き散らかしています。

--

--

スポンサーサイト

30

2012

period《番外編》

微エロです。苦手な方はご注意ください。「なに怒ってんのよ?」愛しのパートナーの声すら俺を不機嫌にさせる。分かってる。大人げないってことは。・・・分かってる。period   ~リョウの場合~万年赤字の冴羽商事に仕事が舞い込んだのは今から10日前。世間はクリスマスだ正月だと準備を始めるこの時期は、うちも例外ではなく。これまでと違った意味を持つイベントに心躍らせていたもの事実で。だから依頼が来たと知ったときは...

05

2012

period《番外編》

世界が変わった。この数日のあたしの心境を表すなら、この一言に尽きる。period    ~香の場合  いつも通りの家事も、伝言板をチェックすることも、シャツに腕を通すことでさえすべて特別のことのように思えてしまう。自分のようで自分ではない感覚。地面から2センチくらい浮いているんじゃないかってくらい、あたしの心は浮かれている。こんなふうになるなんて。好きな人と想いが通じることでこんなにも満たされるなんて。...

23

2012

period《番外編》

糖度ゼロの上に、カオリンが出てこないという。それでもよいという方、ぜひどうぞ(^^)period   ~ある2人の男の場合「・・・なんであなたが来るんですか・・」不機嫌さを隠そうともしない男に思わず苦笑いが漏れる。「悪かったな」言いながら椅子に座る。コーヒーを店員に頼むと、男と視線を交わす。しばらく無言でコーヒーを飲んでいた男は、俺の分が運ばれていたことを合図に口を開いた。「香さんと、という約束のはずだった...

10

2012

period⑨

たくさんの拍手をありがとうございます!お返事はもう少しお待ち下さいね。完結です。香の手首を掴む。意外に頼りない細さにホテルでは内心驚いた。あのときよりは力の加減はできているものの、力まかせに触れると折れてしまうんじゃないかと不安になる。俺の手が軽く一周してしまう香の手。しっとりとした肌も透き通る白さも、まったく違う生き物みたいで焦る。よくこんな女を目の前に自分をごまかせてきたものだ。「ちょ、ちょっ...

06

2012

period⑧

またまたお待たせしてすみません(土下座)リョウに腕を引かれて歩く。その速度はパンプスの細いヒールでは頼りなさを感じるくらい速くて。「ちょ、ちょっと、リョウ!」声をかけるけど、リョウからの反応は全くない。返事のかわりに捕まれた腕が軋む。何度かよろめきながら、エレベーターに辿り着いた。「ちょっと・・・!離してっ」捕まれたままの腕を振り払おうとするが、強い力にびくともしない。なぜだか分からないけど、悔しさ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。